DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
共愛学園前橋国際大学(Kyoai Gakuen University) >
共愛学園前橋国際大学論集 >
第16号 (2016年) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10087/10035

Title: 子どもが本を読むということ -生活環境におけるメディアとしての本をめぐって-
Other Titles: The Act of Reading Books for Children
Authors: 後藤, さゆり
Keywords: 読書
メディアとしての本
ことば
生活環境
親子関係
Issue Date: 31-Mar-2016
Publisher: 共愛学園前橋国際大学
Abstract: 現代社会で求められることばの力を育むためには、子どもを取り巻く生活環境が重要であり、特に読書コミュニティとして読書環境を整えることへの関心が高まっている。その一方で、読書が学力(能力)のひとつとみなされることで読書活動が目的化し、結果として読書が果たしてきたことばの力の涵養が難しくなることが懸念される。子どもがことばの力を向上させるためには、本をメディアとして他者と世界を共有し対話することを通して、意味あることばを自己に開くことが求められる
Description: 研究ノート
URI: http://hdl.handle.net/10087/10035
Appears in Collections:第16号 (2016年)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
2016-goto.pdf428.7 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback