DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
共愛学園前橋国際大学(Kyoai Gakuen University) >
共愛学園前橋国際大学論集 >
第16号 (2016年) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10087/10039

Title: 日本語教育実習前指導としてのケースメソッド授業の試み
Other Titles: Case Method Learning in Pre-Service for Japanese Language Teaching Practice
Authors: 古川, 敦子
Keywords: ケースメソッド
ケース教材
日本語教師養成プログラム
教育実習
事前指導
Issue Date: 31-Mar-2016
Publisher: 共愛学園前橋国際大学
Abstract: 本学の日本語教育実習では、小学校で外国人児童を対象とした学習支援を行う。実習中は、児童の文化的背景、母語、日本語習得状況等を考慮して活動する必要があり、また、複雑かつ正解のない問題に対して対処を迫られることも多い。そこで実習前指導として、外国人児童への対応の実践力を育成することを目的に、児童の事例について討論をしながら学ぶケースメソッド授業を試みた。本稿ではケースメソッド授業の概要を記述し、受講した学生へのインタビューから、実習前指導としての有効性について考察する。
Description: 研究ノート
URI: http://hdl.handle.net/10087/10039
Appears in Collections:第16号 (2016年)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
2016-furukawa.pdf745.09 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback