DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
群馬パース大学(Gunma Paz University) >
10 群馬パース大学紀要 >
第05号(2007) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10087/10129

Title: 保育士の子どもの健康についての認識と健康づくりのための実践に関する研究
Other Titles: Research on nursery nurses' perception about children's health and practice for health management for children
Authors: 木内, 妙子
Kiuchi, Taeko
王, 麗華
Wang, Lihua
園田, あや
Sonoda, Aya
城生, 弘美
Jyounou, Hiromi
大野, 絢子
Ohno, Ayako
Keywords: 子ども
保育士
健康
健康教育
遊び
地域
Issue Date: Sep-2007
Publisher: 群馬パース大学
Citation: 群馬パース大学紀要 5, 47-57, (2007)
Abstract: 本研究は、保育所に勤務する保育士が子どもの健康についてどのような認識を持っているかを明らかにし、子どもの健康づくりのための実践内容とその背景を把握することを目的とした。データ収集時点で保育所に勤務し子どもの保育に当たっている5名を対象に、保育士自身の健康観や健康な子どもについての考え、日頃の保育活動における子どもの健康づくりのための実践などに関して半構成面接を実施し、質的帰納的に分析した。分析の結果、【健康な子ども観】【健康実践を支える自分自身の健康観】【健康実践を支える保育観】【子どもの健康に関する保護者との情報交換】【子どもの健康状況についての査定】【子どもの健康づくりのための保育実践】【子どもへの健康教育】という7つのカテゴリーが抽出された。【健康な子ども観】では、従来の健康観に見受けられる「からだの健康」や「こころの健康」だけでなく。「遊ぶ力」力寸重要視されていることがわかった。また、【子どもの健康づくりのための保育実践】では、昨今の食育についての必要性の指摘と連動するように「健康的な食習慣のしつけ」に力が注がれていた。しかし、子どもの健康づくりは各々の保育士の価値観や過去の経験から実践され系統的な介入にはなっておらず、今後健康な子どものための健康教育のあり方を求めていく必要性が示唆された。
URI: http://hdl.handle.net/10087/10129
ISSN: 1880-2923
Appears in Collections:第05号(2007)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
PAZ5-05.pdf1.04 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback