DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
群馬パース大学(Gunma Paz University) >
10 群馬パース大学紀要 >
第05号(2007) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10087/10134

Title: 老研究者の覚え書 : 養育院時代(3) : 老年者の心臓刺激伝導系の形態学的研究 老年型房室伝導系病変の特徴 東大・養育院での研究追記
Other Titles: Memorandum of an old researcher : The Yoiku-in era, Part 3 : Morphological study of the conduction system in the elderly Characteristics of senile type lesions in the AV conduction system Postscript to the research activity during Tokyo University and Yoiku-in era
Authors: 岡田, 了三
Okada, Ryozo
Keywords: 老年者の伝導障害(Conduction block in the elderly)
中心線維体の老化(Ageing of central fibrous body)
房室ブロック(AV block)
三束ブロック(Trifascicular block)
脚ブロック(Bundle branch blocks)
Issue Date: Sep-2007
Publisher: 群馬パース大学
Citation: 群馬パース大学紀要 5, 87-117, (2006)
Abstract: 養育院病院における老年者心臓刺激伝導系の連続切片による不整脈の形態学的研究は杉浦昌也、大川真一郎、平岡啓佑、嶋田祐之ら諸先生方との協同研究として1967年に開始された。(1)房室伝導障害の病因は虚血7、炎症2、非虚血性原発性8例(4例は重複病因)。途絶部位は虚血群では冠状動脈病変の分布に対応して房室結節・ヒス束・両脚と変化に富むが、心筋梗塞域とは微妙にズレのある例もみられた。原発性では中心線維体老化変性に伴うヒス束末梢の変性・途絶が主役である。(2)左軸偏位兼右脚ブロックは虚血性両脚壊死3、(1)と同種の原発性変改10例(2例は重複病因)より成る。(3)左脚ブロックは左脚分枝直後の中枢側(ヒス束の一部を含む)途絶をI型、分枝後数mm〜1cm末梢側途絶をII型と分けると、後・前放線ともI型2、後放線I・前放線II型2、後放線II・前放線I型1、後・前放線ともII型3例。I型は原発性、II型は機械的刺激による変性(壊死)である。(4)右脚ブロックはI部途絶をI型、II部途絶をII型と称すると、I型3、II型2、I+II型4例。I型は原発性、II型は心室中隔心筋内右脚に働く心収縮時の機械的ヒズミ関連の変性・壊死が病因である。老年型ブロックの主役である原発性変性病変は、老化に伴って増加する中心線維体内酸性ムコ多糖類部結合織の類線維素・硝子様変性、脂肪浸潤、石灰化など変性に与ると同時に伝導系細胞に傷害を与え、経時的に変性・消失から脂肪・線維化途絶病変を惹起したとみなされる。東大・養育院時代の研究生活追記として、放射性同位元素を使用した肝血流量・心送血量測定、大動脈炎症候群、肺梗塞症、心不全の病態分類、高血圧と副腎皮質病変の相関、第二内科症例検討会での剖検例病理所見の解説行事の経験などを記述した。
URI: http://hdl.handle.net/10087/10134
ISSN: 1880-2923
Appears in Collections:第05号(2007)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
PAZ5-10.pdf7.1 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback