DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
群馬パース大学(Gunma Paz University) >
10 群馬パース大学紀要 >
第06号(2008) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10087/10145

Title: 在宅看護現場において求められる訪問看護師の能力
Other Titles: The Abilities which the Visiting Nurses are Seeked for at Home Care Setting
Authors: 王, 麗華
Wang, Lihua
木内, 妙子
Kiuchi, Taeko
小林, 亜由美
Kobayashi, Ayumi
矢島, 正榮
Yajima, Masae
小林, 和成
Kobayashi, Kazunari
園田, あや
Sonoda, Aya
大野, 絢子
Ohno, Ayako
Keywords: 訪問看護ステーション
看護技術
訪問看護師
Issue Date: Mar-2008
Publisher: 群馬パース大学
Citation: 群馬パース大学紀要 6, 91-99, (2008)
Abstract: 本研究は、大学における在宅看護論の教育内容を考えるための資料として、在宅看護現場で行われている看護の実態と課題から、訪問看護師に求められる能力を明らかにすることを目的とした。訪問看護ステーションに勤務し訪問看護に当たっている看護師5名を対象に、訪問看護現場で行われている看護の実態に関して半構成面接を実施し質的に分析した。分析の結果、【利用者の生活場面で看護過程を展開する能力】【利用者の家族との関係を構築する能力】【家族のケア能力を向上させる能力】【他職種との連携による問題解決能力】の4つのカテゴリーが抽出され、看護師は、利用者本人と家族のみならず多様な人々に対応できるコミュニケーション能力と他機関および他職種とのネットワークを構築する能力、最適な看護技術を適応する能力の必要性が認められた。
URI: http://hdl.handle.net/10087/10145
ISSN: 1880-2923
Appears in Collections:第06号(2008)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
PAZ6-11.pdf791.86 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback