DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
東京福祉大学(Tokyo University of Social Welfare) >
東京福祉大学・大学院紀要 >
第6巻 >
6巻2号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10087/10160

Title: 音楽活動による慢性統合失調症患者の症状改善の可能性-看護実習における事例報告-
Other Titles: Improvement by Music Activity of the Conditions of a Chronic Schizophrenia Inpatient: A Case Report in the Student’s Nursing Practice
Authors: 永井, 美季里
Keywords: 統合失調症
音楽活動
症状改善
看護実習
事例研究
Issue Date: 25-Mar-2016
Publisher: 東京福祉大学・大学院
Citation: 東京福祉大学・大学院紀要,6(2),pp171-176,2016.3
Abstract: 3週間にわたる看護実習の中で、慢性化した統合失調症患者(Aさん)に対する音楽活動(ピアノ練習、歌唱)の効果について検討した。当初は強い妄想があって病棟プログラムに遅れが目立っていた。しかし、実習開始1週間後に、本人が好きなピアノ練習や歌唱を提案し、病棟プログラム実施時間外の自由時間に取り入れたところ、統合失調症の症状が改善し、生活リズムも安定してきた。この結果は、統合失調症患者の好みに応じて音楽活動を取り入れることは、短期間であっても、患者の症状改善に有効である可能性を示唆している。
URI: http://hdl.handle.net/10087/10160
ISSN: 1883-7565
Appears in Collections:6巻2号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
紀要Vol6-2_p171-4-2_nagai.pdf631.77 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback