DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
東京福祉大学(Tokyo University of Social Welfare) >
東京福祉大学・大学院紀要 >
第6巻 >
6巻2号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10087/10162

タイトル: 日常生活の中におけるカフェイン摂取―作用機序と安全性評価―
その他のタイトル: Caffeine Intake in the Daily Life: Mechanism of Action and Safety Assessment
著者: 栗原, 久
キーワード: カフェイン
作用機序
有害作用
安全性評価
発行日: 2016年3月25日
出版者: 東京福祉大学・大学院
引用: 東京福祉大学・大学院紀要,6(2),pp109-125,2016.3
抄録: カフェインはメチルキサンチン類に分類され、アデノシン受容体のブロックを介して、中枢神経系や末梢神経系に作用する。カフェインは単独ではなく、いわゆるエナジードリンク(energy drink)や鎮咳去痰薬の配合成分としたり、あるいはアルコール、交感神経刺激薬などと同時摂取されたりする機会が多い。本総説は、日常生活の中での嗜好品として、あるいは医薬品中の成分として摂取されているカフェインについて、その効果を報告した論文を総括し、過剰摂取による有害効果をもたらすことなく、安全に使用するための注意点を考察する。健常人では、1回摂取量が200 mg以内、1日摂取量が500 mg以内、激しい運動を行う場合はその2時間以上前にカフェイン単回摂取量が約200 mgまでであれば、安全性の問題は生じていない。エネルギー飲料(典型例では、2,000 mLボトル中に、カフェイン300~320 mg、タウリン4,000 mg、グルクロン酪酸2,400 mg含有)、あるいはカフェイン 200 mg未満+アルコール摂取量が0.65 g/kg (2単位)未満の摂取なら、カフェインの有害作用はほとんど認められていない。これら複数のデータの総括から、より安全性を考慮すると、成人での1日摂取量を300 mg (5 mg/kg)以内にとどめて摂取することが、カフェイン関連問題を生じることなく、その有益効果を受けることができるといえよう。
URI: http://hdl.handle.net/10087/10162
ISSN: 1883-7565
出現コレクション:6巻2号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
紀要Vol6-2_p109-1-1_kuribara.pdf923.61 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください