DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
群馬パース大学(Gunma Paz University) >
10 群馬パース大学紀要 >
第20号(2015) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10087/10285

タイトル: シーネ固定が子どもの生活行動に及ぼす困難についての看護学生の理解 ―小児看護技術演習を通して―
その他のタイトル: Nursing Students’Understanding of Difficulties of Children’s Daily Activities Influenced by Splinting IV Board -Through Pediatric Nursing Skill Exercises-
著者: 二宮, 恵美
Ninomiya, Emi
キーワード: シーネ固定
小児看護技術演習
生活行動
看護学生
発行日: 2015年9月30日
出版者: 群馬パース大学
引用: 群馬パース大学紀要 20, 13-18, (2015)
URI: http://hdl.handle.net/10087/10285
ISSN: 1880-2923
出現コレクション:第20号(2015)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
PAZ20-04.pdf695.92 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください