DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
東京福祉大学(Tokyo University of Social Welfare) >
東京福祉大学・大学院紀要 >
第7巻 >
7巻1号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10087/10730

タイトル: 日常生活の中におけるカフェイン摂取-カフェインの精神運動刺激作用と行動遂行-
その他のタイトル: Coffee/Caffeine Consumption and Daily Life: Stimulant Effect on Psychomotor Functions and Performances
著者: 栗原, 久
キーワード: コーヒー/カフェイン
精神運動刺激作用
注意力
記憶
睡眠
運動能力
発行日: 2016年10月25日
出版者: 東京福祉大学・大学院
引用: 東京福祉大学・大学院紀要,7(1),pp5-17,2016,10
抄録: コーヒー/カフェイン摂取と精神運動機能について、これまでの知見を総括した。カフェインの摂取は覚醒度や注意・集中力の維持や有酸素運動の向上に有益で、その有効性は50 mg (コーヒー換算で1杯)以上で現れる。カフェイン200 mg以上を常習的に摂取している人の一部では、カフェイン摂取の急激な中断後、カフェイン効果の逆の症状で特徴づけられる頭痛、眠気、倦怠感、意欲低下といった離脱症状が出現するが、いずれの症状もマイルドで、短時間で消失する。また、カフェイン摂取量を緩徐に減らしていけば、離脱症状の出現を回避できる。もちろん、カフェインの依存性は、覚せい剤、コカイン、ヘロインなどの依存・乱用性薬物より軽微で、カフェイン乱用とするほどの問題は生じない。カフェインの精神運動刺激作用は睡眠に悪影響を及ぼすことは確かである。この知見は、カフェイン摂取量の減少で睡眠の改善(睡眠潜時の短縮、深睡眠の増加)が図られ、交代勤務や夜間の長距離運転、時差ぼけ時のような集中力の維持が求められる状況では、コーヒー/カフェイン摂取は有益性を発揮することを示唆している。睡眠に及ぼすカフェインの影響についての個人差には、遺伝的背景があることが報告されている。
URI: http://hdl.handle.net/10087/10730
ISSN: 1883-7565
出現コレクション:7巻1号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
Vol7-1_p5-17Kuribara.pdf551.53 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください