DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
育英大学・育英短期大学(Ikuei University Ikuei Junior College) >
02 育英短期大学研究紀要 >
第23号(2006.2) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10087/10922

Title: Key Elements of Effective Second Language Learning
Other Titles: 効果的第2言語学習に必要な重要項目
Authors: Kaneko, Yoshitaka
金子, 義隆
Keywords: 第2言語習得理論
英語教育
言語学習理論
Second Language Acquisition
English Language Teaching
Language Learning theories
Issue Date: 1-Feb-2006
Publisher: 育英短期大学
Citation: 育英短期大学研究紀要 23, 1-11, 2006
Abstract: 言語を学ぶこと、特に第二言語を学ぶことはかなりの時間と労力を要する功績であり、どのように第二言語を学ぶべきかを理解することも同様である。実のところ、第二言語習得のメカニズムを人類はまだ完全に把握してはいないのである。この分野における専門家たちが考え出した言語習得理論や教授論が数多く存在するが、その中から特に重要だと考えられる項目をこの論文の中で紹介する。始めに、普遍文法理論や臨界期説を取り上げ、且つ実践調査研究の実例を挙げながら、第一言語習得と第二言語習得の違いを説明する。そして、第二言語習得においてとりわけ重要な言語関連要素(インプットと中間言語、アウトプット、対話、そして社会文化理論からのZPDや共同学習)と非言語関連要素(動機と自信、不安)をそれぞれ分析する。このような要素が関連し合って、言語習得が成立していくのであり、それはパズルを組み立てていく様に類似している。
URI: http://hdl.handle.net/10087/10922
ISSN: 0914-3351
Appears in Collections:第23号(2006.2)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KJ00004385741.pdf729.11 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback