DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
育英大学・育英短期大学(Ikuei University Ikuei Junior College) >
02 育英短期大学研究紀要 >
第24号(2007.2) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10087/10930

Title: Designing a Curriculum Based on Communicative Language Learning Approach
Other Titles: コミュニケーション中心のアプローチに基づく英語カリキュラム編成
Authors: Kaneko, Yoshitaka
金子, 義隆
Keywords: 第二言語習得理論
英語教育
カリキュラムとシラバス
Second Language Acquisition
English Education
Curriculum and Syllabus Design
Issue Date: 1-Feb-2007
Publisher: 育英短期大学
Citation: 育英短期大学研究紀要 24, 15-22, 2007
Abstract: 昨今、日本の英語教育はコミュニケーションを重視する傾向にある。確かにそれは重要で、あるべき方向に進んでいると言える。ただ、コミュニケーション中心の授業を行う際に、現場の英語教師がその目標達成のために具体的な指導方法に関してどれだけ精通しているかは不確かである。この論文は、現場に携る者がおのおのの現場で自らオリジナルのカリキュラムを作成する場合の指針となるようにと書かれたものである。大学や短大、語学学校、高等学校などあらゆる教育機関で英語科目のカリキュラムを考える場合に考慮すべきことは多々あるが、特にコミュニケーション中心のカリキュラムの構築に際して不可欠だと考えられる3つの要素がある。それらの要素は、1)ニーズ分析、2)コンテンツ中心のシラバス及びタスク中心のシラバスを融合させた多元的シラバス、そして3)学習と指導の両側面の効果を高める評価機能である。これらの要素はお互いに連携、補完し合ってカリキュラムを機能させている
URI: http://hdl.handle.net/10087/10930
ISSN: 0914-3351
Appears in Collections:第24号(2007.2)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KJ00004701672.pdf577.14 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback