DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
育英大学・育英短期大学(Ikuei University Ikuei Junior College) >
02 育英短期大学研究紀要 >
第25号(2008.2) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10087/10937

Title: Variations of Making a Request in Context : On the Case of Making a Request at a Library Counter
Other Titles: コンテキストの中での様々な依頼の仕方 : 依頼場面における表現に関する考察
Authors: Kaneko, Yoshitaka
金子, 義隆
Keywords: 社会言語学
言語使用の変化
コンテキスト
Sociolinguistics
Language Use Variation
Context
Issue Date: 1-Feb-2008
Publisher: 育英短期大学
Citation: 育英短期大学研究紀要 25, 19-26, 2008
Abstract: 人は日常の中で、程度の差はあれ必ず他の人に何かを依頼する。その依頼の仕方は実に様々である。英語教員として、丁寧な依頼の仕方を教えてはいるが、同時に実際の英語話者はどのように依頼をするのかを教えることは非常に大切である。この論文では、英語話者がどのように依頼をするのかデータを収集し、その依頼の際のコンテキストとの関係を分析した。アメリカのある大学の図書館で人々の依頼のやり取りを観察し、発せられた依頼の表現を丁寧さの程度で(1)could/wouldを伴った疑問形(2)canもしくは丁重語を伴った疑問形(3)意思表明形(4)目標物の名称のみの表現、以上の4類にまとめた。その結果、第(2)類の依頼表現がもっとも使用された。被観察者はこのコンテキストにおいては第(1)類の表現を使うほど丁寧さを強調しなかった。また、この研究を通して、彼らの依頼の仕方は実に様々であることが明らかになった。更に、女性は男性より丁寧に依頼し、年長者はより丁寧でなくなることも確認された。この研究の結果より、依頼の仕方は様々存在するが、話者がどんな表現を使うかは背後にあるコンテキストが支配していることが推測された。
URI: http://hdl.handle.net/10087/10937
ISSN: 0914-3351
Appears in Collections:第25号(2008.2)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KJ00005058909.pdf516.1 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback