DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
上武大学(Jobu University) >
03 紀要論文 (Departmental Bulletin Paper) >
0304 上武大学経営情報学部紀要 >
(2007) 第30号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10087/11099

Title: A comparison of two classroom approaches in low-level university compulsory English courses
Other Titles: 能力が低くてやる気がない大学生に対して二つの学習アプローチをくらべる
Authors: BUSH, Jerre
ブッシュ, ジェリー
Keywords: タスクベースラーニング
コミュニケーションのための学習
プレゼンテーション
プラクティス
プロダクション
第二言語習得
task-based learning (TBL)
communicative language teaching (CLT)
presentation-practice-production (PPP)
second language acquisition (SLA)
Issue Date: 28-Oct-2007
Publisher: 上武大学経営情報学部
Citation: 上武大学経営情報学部紀要. 2007, no.30, p.63-77
Jobu Daigaku Keiei Joho Gakubu kiyo (Bulletin of Faculty of Management Information Sciences, Jobu University). 2007, no.30, p.63-77
Abstract: この論文では次の2点を考察している。(1)能力が低くてやる気がない大学生を対象とした学生中心のようなタスクベースラーニング(TBL)などのコミュニケーションのための学習アプローチ(CLT)にはいくつかの難点がある。(2)こういう大学生にはプレゼンテーション、プラクティス、プロダクション(PPP)として知られている伝統的なアプローチを勧めたい。
This essay addresses some of the difficulties involved in carrying out a task-based learning approach to communicative language teaching in Japanese low-level university compulsory English courses, and defends the traditional presentation-practice-production approach.
URI: http://hdl.handle.net/10087/11099
ISSN: 0915-5929
NII paper ID: http://ci.nii.ac.jp/naid/110007150640
Appears in Collections:(2007) 第30号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
592-30-063.pdf713.5 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback