DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
上武大学(Jobu University) >
03 紀要論文 (Departmental Bulletin Paper) >
0304 上武大学経営情報学部紀要 >
(2002)第25号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10087/11104

Title: 情報通信ネットワークを活用する地域総合e-ケア
Other Titles: Integrated Regional e-Care System Utilizing Information Communication Network
Authors: 小森, 茂
KOMORI, Shigeru
Keywords: 情報通信技術(ICT)
ユーザー主体
シームレス・サービス
インフォーマティックス
健康と福利(ウエルビーイング)
地域総合ケアシステム
ICT
user oriented
seamless care service
care informatics
wellbeing
independent living
integrated regional care system
Issue Date: 30-Dec-2002
Publisher: 上武大学経営情報学部
Citation: 上武大学経営情報学部紀要. 2002, no.25, p.61-75
Jobu Daigaku Keiei Joho Gakubu kiyo (Bulletin of Faculty of Management Information Sciences, Jobu University). 2002, no.25, p.61-75
Abstract: 情報通信技術(ICT;Information Communication Technology)は、看護・介護・福祉・保健・医療などへの適用においては、個別的なシステムとサービス提供者側の業務効率化に留まっており、ユーザーを主体的な共同参画者とする概念に欠ける。北欧フィンランドにおいては市民を主体とするケアモデルが提案されICTの全面的な活用によるシームレス(円滑で滞りない)なサービスシステムを構築している。さらに日本とフィンランドの国際共同研究プロジェクトにより、高齢者の健康と福祉を支援するケアシステムのための情報機器(インフォーマティックス、Infor-matics)の研究開発を行う。その実践モデルとしてICTを活用する在宅介護支援、高齢者福祉サービス、遠隔医療、ハイテク健康福祉機器研究開発、を実現するフィンランド・ウエルビーインク・センターが2004年に仙台に開設される。フィンランド型の健康福祉サービスの新しい健康福祉概念の日本への応用研究と実践を通じ、より高度な先進的ICTによる保健・医療・福祉を統合する地域総合ケアの開発と提供を目標とする。
Information communication Technology (ICT) is applied to nursing, care, welfare, health and medicare but limited with individual applications and process efficiency for providers. They lack thhe concept of user oriented system. In Nordic Finland the innovative model of uswe centered carw system is proposed and being implemented, to provide the seamless care services by full utilization of ICT. Additional research collaboration with Japan extends to study and develop the Care Informatics to support the health and wellbeing of elderly. Further application is in the Finland Wellbeing Center of 2004 in Sendai to implement ICT system for supporting independent living, welfare services, telemedicine and related device development. Through the research and application of Finish care concept into Japan more advanced integrated regional care system can designd and developed.
URI: http://hdl.handle.net/10087/11104
ISSN: 0915-5929
NII paper ID: http://ci.nii.ac.jp/naid/110002966563
Appears in Collections:(2002)第25号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
592-25-061.pdf775.84 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback