DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
上武大学(Jobu University) >
03 紀要論文 (Departmental Bulletin Paper) >
0304 上武大学経営情報学部紀要 >
(2002)第25号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10087/11113

Title: 加藤幸子の感覚世界
Other Titles: The Sense of Kato Yukiko
Authors: 高根沢, 紀子
TANEZAWA, Noriko
Keywords: 加藤幸子
文学
Issue Date: 30-Dec-2002
Publisher: 上武大学経営情報学部
Citation: 上武大学経営情報学部紀要. 2002, no.25, p.82-77
Jobu Daigaku Keiei Joho Gakubu kiyo (Bulletin of Faculty of Management Information Sciences, Jobu University). 2002, no.25, p.82-77
Abstract: 加藤幸子は"独特のバランス感覚を持った作家"である。日本と中国、大人と子供、人間と自然という対立する二つの概念を、その独特なバランス感覚で共生させている。加藤の文学を決定づけているのは幼年期の中国体験である。太平洋戦争をはさんでの中国での体験は「夢の壁」(1982)から『長江』(2001)まで書きつがれている。またナチュラリストの肩書きを持つ加藤は、自然を考える作家でもある。<ヒト>を絶対の視点としないその文学は独自のものである。
URI: http://hdl.handle.net/10087/11113
ISSN: 0915-5929
NII paper ID: http://ci.nii.ac.jp/naid/110002966564
Appears in Collections:(2002)第25号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
592-25-082.pdf303.95 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback