DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
群馬県立県民健康科学大学(Gunma Prefectural College of Health Sciences ) >
03 紀要論文=Departmental Bulletin Paper >
群馬県立県民健康科学大学紀要 >
第12巻(2017) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10087/11190

タイトル: 日本の統合失調症をもつ人の生活機能の評価に関する研究の動向と課題
その他のタイトル: 2001年ICFモデル発表前後の尺度研究に焦点をあてて
Research Trends and Issues Related to Assessment of Functioning in Individuals with Schizophrenia in Japan
Focusing on Rating Scales Developed Based on the 2001 International Classification of Functioning, Disability and Health (ICF) Model
著者: 龍野, 浩寿
Tatsuno, Hirotoshi
鈴木, 英子
Suzuki, Eiko
キーワード: 統合失調症
ICFモデル
生活機能
尺度
医学モデル
社会モデル
schizophrenia
International Classification of Functioning
Disability and Health (ICF) model
functioning
scale
medical model
social model
発行日: 2017年3月
出版者: 群馬県立県民健康科学大学
引用: 群馬県立県民健康科学大学紀要12,1-15,2017
抄録: 目的:本研究は日本の統合失調症をもつ人の生活機能の評価に関する研究を概観し,その動向および課題を明らかにする.方法:医学中央雑誌Web版Ver.5を用いて1986年から2015年の論文を検索し,その中で2001年にWHOがICFモデルを発表した前後の尺度を用いた研究に注目し,その動向と課題を明らかにした.文献検索のキーワードは「統合失調症」「生活機能」「尺度」「ICF」とした.結果:統合失調症をもつ人の生活機能を評価する尺度は,12件認められた.これらのうちICFモデルの発表後,尺度の開発や日本語版の作成および尺度活用の文献は6件であった.これらの尺度は,医学モデルの障害や疾病の評価のみならず広く生活の機能を評価していた.統合失調症患者の生活機能の評価の視点が,「出来ないこと」の評価から「できることへの評価」に移行し,社会モデルとして患者を前向きにとらえることができるようになった.しかし,医学モデルの尺度研究と比較して社会モデルで開発された尺度は数が少なく,その活用は乏しい現状であった.結論:今後は統合失調症をもつ人の生活機能を評価するために「社会モデル」の尺度開発および活用が求められる.
Aim : This study was a literature review to elucidate research trends and issues related to the assessment of functioning in individuals with schizophrenia in Japan. Methods : We searched the Ichushi Web Database (ver.5) for literature published between 1986 and 2015 using the keywords "schizophrenia", "functioning", "scale", and "ICF". We focused on studies that evaluated scales developed based on the ICF model published by the World Health Organization and investigated the research trends and issues related to developing rating scales. Results : Twelve research papers focusing on rating scales for functioning in individuals with schizophrenia were identified, and of these, six papers assessed scales systematically developed after the ICF model was published. These scales assessed a wide range of deficiencies in functioning in the medical models and assessments of illnesses. The focus of the issues assessing functioning in individuals with schizophrenia has undergone a change from emphasizing "what cannot be done" to "what can be done". This has enabled positive assessments of patients based on social models. However, compared to scales based on medical models, scales based on social models are still rare and not widely used. Conclusion : The findings suggest the need for further development and use of systematic rating scales based on "social models" to assess functioning in individuals with schizophrenia.
内容記述: 総説
URI: http://hdl.handle.net/10087/11190
ISSN: 1881-0691
出現コレクション:第12巻(2017)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
01_Tatsuno.pdf660.83 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください