DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
東京福祉大学(Tokyo University of Social Welfare) >
東京福祉大学・大学院紀要 >
第7巻 >
7巻2号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10087/11272

Title: コーヒー/カフェイン摂取と日常生活-妊婦、胎児、乳幼児、小児への影響-
Other Titles: Coffee/Caffeine Consumption in Daily Life: Effects on Pregnant Women, Fetus, Infants and Children
Authors: 栗原, 久
Keywords: コーヒー/カフェイン摂取
妊婦
胎児
乳幼児
小児
Issue Date: 25-Mar-2017
Publisher: 東京福祉大学・大学院
Citation: 東京福祉大学・大学院紀要,7(2),pp77-83,2017.3
Abstract: 妊娠初期に起こる悪心、嘔吐、食欲不振はコーヒー/カフェイン摂取の減少につながる。従って、妊娠が気づいた妊婦は、カフェイン摂取量の増加を起こす可能性は低い。これまでの報告を総括すると、1日当たり200mg以下のカフェイン摂取は、生殖や出産前症状を誘発・悪化するとの証拠は見当たらない。従って、妊娠中のカフェイン摂取量は、この範囲内に留めるべきである。一方、小児では、1日当たり5 mg/kg以上で不安や離脱症状のリスクが高まる可能性がある。
URI: http://hdl.handle.net/10087/11272
ISSN: 1883-7565
Appears in Collections:7巻2号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
Vol7-2_1-1_p77-83_kurihara.pdf427.1 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback