DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
東京福祉大学(Tokyo University of Social Welfare) >
東京福祉大学・大学院紀要 >
第7巻 >
7巻2号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10087/11279

タイトル: 論理的文章を読むための指導事項を模擬授業で提示する-「国語」の講義における実践を通して-
その他のタイトル: Presentation of the Items of Teaching Guidance for Reading Logical Sentences: Through the Practice in Japanese Language Class
著者: 國府田, 祐子
キーワード: 論理的文章
文章構成
模擬授業
学生の評価
発行日: 2017年3月25日
出版者: 東京福祉大学・大学院
引用: 東京福祉大学・大学院紀要,7(2),pp143-148,2017.3
抄録: 論理的文章を読む力は今後ますます必要とされるが、学生は書籍等の文章を読むことに消極的である。論理的文章を読むための指導事項を「文章構成、段落、キーワード、帰納論理」とし、教員免許取得のための教科に関する科目「国語」において、模擬授業形式で示した。目的の1点目は、論理的文章を読むときの視点を学生に気づかせることである。目的の2点目は、学生を教員や生徒の視点に立たせ、論理的文章を読むための指導事項を実感させることである。中学一年教材「オオカミを見る目」を用い、筆者が教師役、学生には生徒役を演じさせた。模擬授業を受けた後の学生からは、指導事項4項目を理解したという感想や、音読の重要性、授業展開の方法等に気が付いた等の成果を得た。
URI: http://hdl.handle.net/10087/11279
ISSN: 1883-7565
出現コレクション:7巻2号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
Vol7-2_5-2_p143-148_kouda.pdf490.03 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください