DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
共愛学園前橋国際大学(Kyoai Gakuen University) >
共愛学園前橋国際大学論集 >
第17号 (2017年) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10087/11323

タイトル: 多言語会話集『はなしてみよう -きになるあの子と なかよくなろう-』の作成 ―外国人児童の在籍学級への受け入れと交流促進を目指して―
その他のタイトル: Development of the Multilingual Phrase Booklet for Foreign Children in Japanese School
著者: 古川, 敦子
キーワード: 外国人児童
在籍学級への受け入れ
交流促進
多言語会話集
日本語初期段階
発行日: 2017年3月31日
出版者: 共愛学園前橋国際大学
抄録: 日本語を学び始めた外国人児童と、その児童を迎え入れる在籍学級の児童が、互いに相手の言葉を使ってコミュニケーションを取るための多言語会話集「はなしてみよう-きになるあの子となかよくなろう-」について報告する。この会話集は、前橋国際大学の日本語教育実習を履修した学生が、授業の課題の一つとして作成したものである。小学校の日本語教室で外国人児童を支援した体験をもとに、児童同士がよく使うと思われる表現を選び、各表現を日本語・英語・スペイン語・ポルトガル語・ベトナム語・タガログ語で表記してイラストとともに提示した。本稿では会話集の作成経緯、ねらい、内容、そして実践での使用例について記述する。
内容記述: 研究ノート
URI: http://hdl.handle.net/10087/11323
出現コレクション:第17号 (2017年)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
2017-furukawa2.pdf719.78 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください