DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
共愛学園前橋国際大学(Kyoai Gakuen University) >
共愛学園前橋国際大学論集 >
第17号 (2017年) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10087/11324

タイトル: 英国人宣教師M.A.バーネットの生涯 ―大正・昭和の「中央日本」開拓伝道と福音伝道協会の形成―
その他のタイトル: A life of England missionary Marguerite Amy Burnet: A pioneer mission of “the Central Japan”in Taisho・Showa period and the process of forming Fukuin Dendo Kyokwai
著者: 福田, 博美
キーワード: 聖書のことば
信仰宣教団体(Faith Mission)
貧しい労働者
戦争
発行日: 2017年3月31日
出版者: 共愛学園前橋国際大学
抄録: 本研究ノートは1917年12月に日本伝道隊の宣教師として来日し,以来34年にわたり栃木,群馬,埼玉県など「中央日本」の宣教にかけた英国人女性 M. A.バーネット(Marguerite Amy Burnet)の生涯を明らかにする。  バーネットの宣教師としての活動は栃木県足尾に始まり,ここで生まれたビジョンにより,自身の手で設立した The Central Japan Pioneer Missionにより拡大した。彼女が伝えたキリスト教は「聖書のことば」をそのまま「神のことば」として保守する伝統的な福音主義に根ざすもので,戦後「福音派」と呼ばれるプロテスタントキリスト教の一源流となった1)。本稿の作成にあたっては,主にThe Central Japan Pioneer Missionの宣教報告「The Central Japan Pioneer」,およびバーネット自らが前半生を綴った「AN AUTOBIOGRAPHY」を使用する。現在両史料とも福音伝道教団境キリスト教会牧師岡部高明氏が保管している。
内容記述: 研究ノート
URI: http://hdl.handle.net/10087/11324
出現コレクション:第17号 (2017年)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
2017-fukuda.pdf849.38 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください