DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
群馬パース大学(Gunma Paz University) >
10 群馬パース大学紀要 >
第21号(2016) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10087/11416

タイトル: 地域における減塩活動の展開
その他のタイトル: Community-Based Salt Reduction Initiatives
著者: 小谷, 和彦
Kotani, Kazuhiko
奥野, みどり
Okuno, Midori
小林, 亜由美
Kobayashi, Ayumi
キーワード: 減塩
ポピュレーションアプローチ
地域医療
健康政策
発行日: 2016年3月31日
出版者: 群馬パース大学
引用: 群馬パース大学紀要 21, 17-22, (2016)
抄録: 塩分過剰摂取と高血圧症あるいは心血管疾患との関連性から、減塩活動が行われてきている。本稿では、減塩指向社会について、減塩活動の現状を、特にポピュレーションアプローチの観点から概説した。減塩活動のポピュレーションアプローチに関する研究と実践は、近年、加速しつつある。 その上で、日本の地域レベルでの減塩活動の事例をいくつか紹介し、その現状をまとめた。地域社会の啓発や食環境の整備を、行政、専門家集団、食品関連業界、そして住民などが協同して進めてきている実態が見てとれる。こうした活動の成果も検証されつつある。さらに、減塩活動の展望や地域医療の発展と類似する点についても見解を加えた。
URI: http://hdl.handle.net/10087/11416
ISSN: 1880-2923
出現コレクション:第21号(2016)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
PAZ21-03.pdf378.19 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください