DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
前橋工科大学(Maebashi Institute of Technology) >
02 研究紀要 >
第20号(2017) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10087/11630

Title: Critical Evaluation of Research Methodologies used in L2 Motivational Research: Social Psychology and the Rise of Qualitative Research
Authors: 井口, 幹夫
イグチ, ミキオ
Iguchi, Mikio
Keywords: 社会心理学
第二言語動機
研究パラダイム
量的研究
質的研究
Social psychology
L2 motivation
Research paradigm
Quantitative research
Qualitative research
Issue Date: 31-Mar-2017
Abstract: 第二言語習得における学習動機(L2 motivation)の理論的フレームワークを支えている社会心理学の研究方法を考察した。第二言語習得における学習動機の研究は 1960 年代から Gardner 等によって提唱されている統合的動機(integrative motivation)と道具的動機 (instrumental motivation)の研究が中心である。この研究方法は社会心理学に裏打ちされており、後続の研究に至るまで脈々と受け継がれている。社会心理学は実証主義のパラダイムに根ざしており、研究成果は量的データで発表されている。一方、構成主義のパラダイムに立脚し、質的データで第二言語習得における学習動機を研究する流れも形成されてきている。本研究は質的研究による第二言語習得における学習動機を研究することの重要性と可能性を提唱した。
URI: http://hdl.handle.net/10087/11630
ISSN: 1343-8867
Appears in Collections:第20号(2017)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
061 Critical Evaluation of Research Methodologies used in L2 Motivational Research Social Psychology and the Rise of Qualitative Research(井口)(P33-P40).pdf452.48 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback