DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
群馬大学(Gunma University) >
82 国際センター >
8202 群馬大学国際教育・研究センター論集 >
第16号(2017) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10087/11825

Title: 日本人大学生の海外経験における異文化間葛藤事例に関する研究 ―自由記述式質問紙調査の結果から―
Other Titles: A Study on the Cross-Cultural Conflicts Experienced by Japanese Students during their Overseas Stay: A Focus on the Results Derived from a Questionnaire with Free Descriptive Answers
Authors: 園田, 智子
SONODA, Tomoko
Keywords: アサーション
異文化間葛藤
海外経験
人間関係形成
Issue Date: Mar-2017
Publisher: 群馬大学国際教育・研究センター
Citation: 群馬大学国際教育・研究センター論集. 16, 1-11. (2017)
Abstract: 本研究は、日本人大学生が海外経験において、どのような文化的葛藤事例を経験したのか、また、 それらの経験には類似性が認められるのかについて、1か月以上の海外滞在経験を有する日本人大学 生を対象に自由記述式の質問紙調査を実施した結果を分析したものである。その結果、日本人大学 生の海外経験における葛藤事例は「パブリック場面における葛藤」「居住場面における葛藤」「アカ デミック場面における葛藤」「友人関係における葛藤」「見知らぬ人との交流における葛藤」「異性関 係における葛藤」の6つの大カテゴリーと、13の中カテゴリーに分類された。これらのカテゴリーに は、積極的な説得交渉のアサーションスキルが必要な場面と、人間関係形成のためのアサーションス キルが必要とされる場面の両方が含まれていた。ケースの数が多かったのは説得交渉の場面であった が、滞在期間が長い学生ほど人間関係形成の場面における葛藤事例を経験していることも明らかと なった。
URI: http://hdl.handle.net/10087/11825
ISSN: 2185-8209
Appears in Collections:第16号(2017)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
16-1.pdf262.69 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback