DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
群馬工業高等専門学校 (National Institute of Technology, Gunma College) >
01 紀要 >
群馬高専レビュー >
第36号(2017) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10087/11989

タイトル: 大気炭酸ガス高速固定資源化に向けて
その他のタイトル: Efficient CO2 Fixation from Air for Sustainable Development
著者: 藤野, 正家
新井, 忠男
小森, 正人
発行日: 2018年3月26日
出版者: 群馬工業高等専門学校
引用: 群馬高専レビュー,(36),51-52
抄録: We have studied CO2 fixation from air. Photosynthesis performed in plants might be the superior process for the fixation of diluted CO2. The following four factors should be considered for the fixation; (1) high efficiency per unit area, (2) growth control by hydroponics, (3) easy circulation and (4) proper preservability of the products. Onions have been picked for the most favorable plants. They have been grown for 3 months in a CO2 rich chamber. The rate of the photosynthesis has been raised over twice in the CO2 concentration of 3,000 ppm compared with ca. 400 ppm in air.
URI: http://hdl.handle.net/10087/11989
ISSN: 2433-9776
出現コレクション:第36号(2017)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
36_51-52.pdf310.31 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください