DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
新島学園短期大学(Niijima Gakuen Junior College) >
10 新島学園短期大学紀要 >
第38号 (2017) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10087/12070

Title: 参議院の特殊性と選挙制度についての一考察― 一票の格差と地域代表―
Other Titles: A study of the particularities and election systems in the House of Councilors
Authors: 堀田, 学
Hotta, Manabu
Keywords: 参議院
選挙制度
一票の格差
Issue Date: 15-Jul-2017
Publisher: 新島学園短期大学
Citation: 新島学園短期大学紀要.38,1-16(2017)
Abstract: 2016年参議院選挙から「合区」が設定され,選挙制度が大きく変わった。また, 近年では「一票の格差」を巡る裁判においても違憲判決が多く出されるなど選挙 制度と一票の格差に関する議論が盛んである。他方,地方選出の参議院議員が減 少することにもつながり,地域代表としてどのように考えるべきなのか,といっ た議論も多い。  本論文では,参議院が発足した当初の経緯を振り返りながら,参議院の特殊性 と選挙制度について検討し,地域代表や二院制について考察することを目的とす る。
URI: http://hdl.handle.net/10087/12070
ISSN: 1880-2141
Appears in Collections:第38号 (2017)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
堀田先生_参院選の特殊性と・・.pdf1.22 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback