DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
東京福祉大学(Tokyo University of Social Welfare) >
東京福祉大学・大学院紀要 >
第8巻 >
東京福祉大学・大学院紀要8巻2号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10087/12137

タイトル: 体験を通して考える「タスク中心活動」の小学校外国語活動への応用
その他のタイトル: Applications of Task-based Language Activities to Foreign Language Activities in Elementary School through Classroom Experience
著者: 井草, 玲子
キーワード: タスク中心活動
小学校外国語活動
教員養成
発行日: 2018年3月25日
出版者: 東京福祉大学・大学院
引用: 東京福祉大学・大学院紀要,8(2),pp205-212,2018.3
抄録: 本研究の目的は、タスク中心教授法を学習した大学生が、英語のタスク中心活動を体験し、小学校外国語活動にどのように応用できるか考察することである。2014年秋学期、関東の私立大学で3か月に渡り、教員養成課程の学生(12名)を対象に英語のタスク活動が実施された。活動結果は、英語と日本語を併用した「振り返りシート」に記入され、教師の点検後、パワーポイントを活用しフィードバックが実施され情報の共有化を図った。本活動の結果、学生は英語の発話量が増加し、自身の英語の発話を自己分析できるようになり、さらに、小学校外国語活動を実施する際の教材の良し悪し、補助教材作成のコツ、実施の際の留意点等を考察することができるようになった。
URI: http://hdl.handle.net/10087/12137
ISSN: 1883-7565
出現コレクション:東京福祉大学・大学院紀要8巻2号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
6-2_Vol8-2_pp205-212igusa.pdf872.83 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください