DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
群馬パース大学(Gunma Paz University) >
10 群馬パース大学紀要 >
第22号(2017) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10087/12143

タイトル: 飲泉による身体効果
その他のタイトル: Physiological Effects of Spring Water Drinking
著者: 白石, 卓也
Shiraishi, Takuya
小谷, 和彦
Kotani, Kazuhiko
キーワード: 温泉水飲用
温泉飲料
温泉療法
発行日: 2017年3月31日
出版者: 群馬パース大学
引用: 群馬パース大学紀要 22, 3-9, (2017)
抄録: 温泉療法の一つである「飲泉」の身体への効果について既報文献をもとにレビューした。医学中央雑誌ならびにPubMedを用いて12編の原著文献を収集した。主として、胃腸、胆膵、糖代謝に関する検討がみられた。これに基づくと、飲泉は消化器系や代謝系に好ましい効果を持つ可能性があった。報告数の過少さや研究方法の限界から、飲泉の効果を確立するためにはさらに検証していく必要があると考えられた。
URI: http://hdl.handle.net/10087/12143
ISSN: 1880-2923
出現コレクション:第22号(2017)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
PAZ22-02.pdf487 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください