DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
高崎健康福祉大学(Takasaki University of Health and Welfare) >
10 紀要 >
01 大学 >
01 高崎健康福祉大学紀要 >
第17号(2018) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10087/12146

タイトル: 介護職員と学生が同じ事例を検討することによる学習効果
その他のタイトル: Learning effect by care worker and students examining the same case
著者: 原田, 欣宏
キーワード: 介護過程の展開
介護施設内の研修システム
現場と大学の連携
事例発表
発行日: 2018年3月1日
出版者: 高崎健康福祉大大学
引用: 高崎健康福祉大学紀要、第17号、p.13-26
抄録: (1) The use of "development of nursing care process" has the effect of deepening mutual understanding of cases of nursing care staff and students.   (2) Provide an opportunity to review presenters and provide a place to further improve care and motivation for the next case announcement. (3) There is room for improvement as a learning program, but it can be expected that a method using development of nursing care process is effective as a learning method.
内容記述: 【研究論文】介護職員による実践報告会で用いた事例を学生が事前に学習して報告者のもとに訪問する方法を用いた.単に施設訪問するだけで生えられない,より深く介護福祉士としての資質にかかわる部分に触れることができる学習方法である.
URI: http://hdl.handle.net/10087/12146
ISSN: 1347-2259
出現コレクション:第17号(2018)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
03 TKEN17-02.pdf850.75 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください