DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
共愛学園前橋国際大学(Kyoai Gakuen University) >
共愛学園前橋国際大学論集 >
第18号(2018年) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10087/12179

タイトル: A Reflection on the Use of J-Talk for Speaking of Japan B3
その他のタイトル: Speaking of Japan B3クラスでのJ-Talk使用における考察
著者: Desrosiers, Lori Ann
キーワード: Speaking of Japan
textbook choice
extended speaking
発行日: 2018年3月31日
出版者: 共愛学園前橋国際大学
抄録: Choosing a textbook is one of a teacher’s important jobs. For the class Speaking of Japan, level B3 class, I chose the textbook J-Talk: Conversation Across Cultures. This textbook matched all the criteria for the class: the level, the topic of Japan, speaking practice, and the goals of what should be accomplished in the class. I will reflect on the content of J-Talk, how J-Talk presented materials and built on the materials in stages with the goal of having students produce extended segments of speech without over-burdening the students. I will explain some of the hurdles I faced while carrying out the activities presented in the textbook and how I managed them. Finally, I will report what students thought about J-Talk.
内容記述: 研究ノート
URI: http://hdl.handle.net/10087/12179
出現コレクション:第18号(2018年)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
2018-desrosiers1.pdf381.59 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください