DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
共愛学園前橋国際大学(Kyoai Gakuen University) >
共愛学園前橋国際大学論集 >
第18号(2018年) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10087/12181

タイトル: 学習指導要領改訂に伴う小学校英語の変化と課題
その他のタイトル: Changes of English Education in Japanese Elementary Schools toward the New Course of Study
著者: 園田, 敦子
キーワード: 学習指導要領
小学校英語
聞く
話す
読み書き
発行日: 2018年3月31日
出版者: 共愛学園前橋国際大学
抄録: 2020年の学習指導要領全面実施に伴い、小学校高学年では英語が教科として扱われ、外国語活動が小学校中学年から始まることとなった。学習時数は3倍に増え、コミュニケーションの基礎として「読み」「書き」も学びの対象となった。本稿では、現行の学習指導要領から新しい指導要領との変更点と背景を概観しながら、コミュニケーション育成をより強化した新学習指導要領を現実化するために、国および県がどのような体制を整えているかに焦点を当てる。
内容記述: 研究ノート
URI: http://hdl.handle.net/10087/12181
出現コレクション:第18号(2018年)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
2018-sonoda.pdf536.7 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください