DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
群馬大学(Gunma University) >
30 医学系研究科 >
学位論文 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10087/12257

タイトル: Probabilistic dose distribution from interfractional motion in carbon ion radiation therapy for prostate cancer shows rectum sparing with moderate target coverage degradation
その他のタイトル: 前立腺癌の炭素イオン線治療において照射毎の動きを考慮した確率線量分布はターゲットのカバーの若干減少と直腸線量が減少することを示す
著者: Daniel Scott, Bridges
ダニエル スコット, ブリッジズ
キーワード: adaptive
anatomy
cancer
carbon ion
computed tomography
CBCT
CT
danger
Elekta
error
GHMC
Gunma
Gunma University
Gunma University Heavy Ion Medical Center
hadron
hadrontherapy
hazard
image guidance
IMRT
IMXT
in-room
interfraction
intrafractional
Japan
margins
medicine
NIM
motion
movement
oncology
photon
prompt-gunma
prostate
radiation
radiotherapy
rectum
replanning
table shift
therapy
toxicity
uncertainly
Bridges
Kanai
Kawamura
発行日: 2018年9月30日
出版者: 群馬大学医学部
内容記述: 学位記番号:医博甲1712
URI: http://hdl.handle.net/10087/12257
学位授与番号: 12301甲第1712号
学位授与年月日: 2018-09-30
学位名: 博士(医学)
学位授与機関: 群馬大学
出現コレクション:学位論文

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
学位論文1712.pdf3.18 MBAdobe PDF見る/開く
審査要旨1712.pdf266.46 kBAdobe PDF見る/開く
論文要旨1712.pdf142.35 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください