DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
高崎商科大学(Takasaki University of Commerce) >
高崎商科大学紀要 >
第32号(2017) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10087/12291

タイトル: タックス・コンペティティプ・インテリジェンス論考
その他のタイトル: Consideration of Tax Competitive Intelligence
著者: 大泉, 寛
Oizumi, Hiroshi
オオイズミ, ヒロシ
キーワード: タックス
インテリジェンス
発行日: 2017年12月31日
出版者: 高崎商科大学メディアセンター
引用: 高崎商科大学紀要.32,171-176(2017)
抄録:  Tax competitive intelligence is defined as competitive intelligence for tax. And the purpose of this thesis is to consider several points. First, competitive intelligence is a theory and a series of methods to detect the competitive environment of a business. One important factor is finance financial capability, that is, an increase in cash flow. Next is the importance of tax risk management. Thirdly important is the impact of parties and others on timing, price, or other factors that may be involved in a particular transaction, which is the situation where two different parties pay tax at different rates.
URI: http://hdl.handle.net/10087/12291
ISSN: 1347-703X
出現コレクション:第32号(2017)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
k32-17 Oizumi.pdf748.38 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください