DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
高崎商科大学(Takasaki University of Commerce) >
高崎商科大学紀要 >
第32号(2017) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10087/12292

タイトル: 人身損害における「勤労意欲に乏しい者」の逸失利益算定に関する一考察
その他のタイトル: A Study on the Lost Profit Calculation about the “Person Shortly Motivated for Working” in Physical Damage
著者: 谷口, 聡
Taniguchi, Satoshi
タニグチ, サトシ
キーワード: 交通事故
損害賠償
人身損害
損失利益
無職者
発行日: 2017年12月31日
出版者: 高崎商科大学メディアセンター
引用: 高崎商科大学紀要.32,177-185(2017)
抄録:  On the damage claim concerning about physically injured person, accepted opinion and judicial precedent generally admit to add the “Lost Profit” to the sum of compensation. And there exist the discussion that such “Lost Profit” should be admitted even when the victim is out of work or get only short income by the reason of shortly motivated for working at the time of injury.  Although the Judgement of Supreme Court in 1969 denied the “Lost Profit” of ”Person Shortly Motivated for Working”, this paper examine the Judgement from critical point of view.
URI: http://hdl.handle.net/10087/12292
ISSN: 1347-703X
出現コレクション:第32号(2017)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
k32-18 taniguchi.pdf787.29 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください