DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
前橋工科大学(Maebashi Institute of Technology) >
01 博士論文 >
環境・生命工学専攻 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10087/12329

タイトル: ICT 端末を用いた遠隔健康管理システムの研究 -PHR 利活用のためのシステムの構築と効果-
その他のタイトル: Study of remote health management system based on ICT terminal  ― construction and evaluation of PHR utilization system ―
著者: 岡﨑, 浩幸
オカザキ, ヒロユキ
Okazaki, Hiroyuki
キーワード: バイタル情報(健康情報)
Vital Information
PHR
健康管理システム
Health Management System
行動変容
Behavior Changes
発行日: 2018年
抄録: Since the law on health of our country is defined for each generation, health information is scattered in various organizations. Under such conditions, health information has not been effectively utilized because it is difficult to extract necessary information. Therefore, development of a system capable of managing health information over all life stages is desired. In this study, we will describe the establishment and evaluation of a vital information system that acquires PHR (Personal Health Records) and remote control for "infantile period", "mature period" and "high-year" as the first step.
URI: http://hdl.handle.net/10087/12329
出現コレクション:環境・生命工学専攻

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
91〔博士論文要旨〕ICT端末を用いた遠隔健康管理システムの研究(P73-74)(岡﨑).pdf論文要旨249.74 kBAdobe PDF見る/開く
博士論文 201803.pdf学位論文5.16 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください