DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
高崎商科大学(Takasaki University of Commerce) >
高崎商科大学紀要 >
第33巻(2018) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10087/12340

タイトル: 若者の地元定着に関する考察―大学生の地元への愛着と誇り、ボランティア意向と就労意向の相関から
その他のタイトル: A Consideration about the Settled Promotion of Youth:University Students' Attachment and Pride to Local, Correlation between Volunteer Intention and Employment Intention
著者: 松元, 一明
Matsumoto, kazuaki
マツモト, カズアキ
キーワード: 愛着
誇り
ボランティア意向
就労意向
発行日: 2018年12月20日
出版者: 高崎商科大学メディアセンター
引用: 高崎商科大学紀要.33.53-67(2018)
抄録: 本論では、高崎商科大学商学部の学生へのアンケート結果に基づき、大学生の地元に対する「愛着」や「誇り」と、地元での「ボランティア」や「就労」意向の間の相関分析をおこなった。さらに地域のどのような要素が、大学生の地元に対する「愛着」や「誇り」を生み出しているのかについてテキストマイニングの方法により抽出をした。  本論ではとくに、地元への「愛着」と「誇り」のいずれも相対的に低い、群馬県出身学生の回答に着目するとともに、地元への愛着と誇りを涵養し、定着を促すための知見を示した。
URI: http://hdl.handle.net/10087/12340
ISSN: 1347-703X
出現コレクション:第33巻(2018)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
キヨウ33 06 松元一明.pdf2.16 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください