DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
高崎商科大学(Takasaki University of Commerce) >
高崎商科大学紀要 >
第33巻(2018) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10087/12343

タイトル: 卸売業の物流拠点に関する研究
その他のタイトル: A Study on the Logistics Node in Wholesaling
著者: 金, 弘錫
Kim, Hong-Seok
キム, ホンソク
キーワード: 卸売業
ロジスティクス
物流拠点
発行日: 2018年12月20日
出版者: 高崎商科大学メディアセンター
引用: 高崎商科大学紀要.33.97-104(2018)
抄録: 本論文は、卸売業の物流拠点の現状を考察し、今後の物流拠点の構築と運営における課題を体系的に提案することが目的である。  研究の結果、現状の卸売業の多くは、 物流コストの増加に対応していくために物流拠点を集約する一方で、大型物流拠点を構築する方向にあることが明らかになった。  しかしながら、今後の流通構造の変化を考慮すれば、より長期的な視点での物流拠点戦略が必要であると判断される。とりわけ、物流拠点のロジスティクス診断を通じて、現状の問題点を詳細に分析・評価し、物流拠点の設計や運営における問題点を最小化することが大切であるといえよう。
URI: http://hdl.handle.net/10087/12343
ISSN: 1347-703X
出現コレクション:第33巻(2018)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
キヨウ33 09 金弘錫.pdf806.78 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください