DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
高崎商科大学(Takasaki University of Commerce) >
高崎商科大学紀要 >
第33巻(2018) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10087/12348

タイトル: ファッション消費と消費者行動――ファッションと衒示的消費――
その他のタイトル: Fashion Consumption and Consumer Behavior
著者: 内田, 成
Uchida, Minoru
ウチダ, ミノル
キーワード: 衒示的消費
ファッション
ジンメル
ヴェブレン
消費者行動
発行日: 2018年12月20日
出版者: 高崎商科大学メディアセンター
引用: 高崎商科大学紀要.33.151‐160(2018)
抄録: In this paper, we tried to clarify the relationship between fashion consumption and conspicuous consumption. In order to analyze fashion consumption, we study mainly on Trickle Down theory of Veblen-Simmel and conspicuous consumption. Finally,   We point out that elements of imitation have importance in the consumer's decision-making process in fashion consumption. This is clarified in Veblens Conspicuous Consumption. And this proves the effectiveness of Veblens theory.
URI: http://hdl.handle.net/10087/12348
ISSN: 1347-703X
出現コレクション:第33巻(2018)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
キヨウ33 14 内田成.pdf1.22 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください