DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
群馬大学(Gunma University) >
10 教育学部 >
1021 附属学校教育臨床総合センター >
102101 教育実践研究 >
第36巻(2019) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10087/12424

Title: 小学校教諭の器械運動指導に関する意識について ~群馬県A市小学校教諭に対する意識調査から~
Other Titles: Awareness about gymnastics education among elementary school teacher
Authors: 清水, 清志
SHIMIZU, Kiyoshi
塩原, 茂
SHIOBARA, Shigeru
金子, 伊樹
Kaneko, Yoshiki
関口, 明宏
SEKIGUCHI, Akihiro
高橋, 珠実
TAKAHASHI, Tamami
新井, 淑弘
ARAI, Yoshihiro
Keywords: 器械運動
小学校教諭
意識調査
苦手意識
教員研修
Gymnastics
Elementary School teacher
an attitude survey Awareness,
a techers institute
Issue Date: 15-Mar-2019
Publisher: 群馬大学 教育学部附属学校教育臨床総合センター
Citation: 群馬大学教育実践研究.36,107-116(2019)
Abstract:  小学校では、体育授業を学級担任が実施することが原則になっているが、近年では、高学年において専科制が導入されるなど徐々に小学校の実態に応じた取り組みが工夫され実践されるようになってきた。しかし、多くの場合、学級担任が授業を実施しているのが現状である。小学校教員の体育授業についての意識、特に、今回は器械運動についての意識をアンケート調査し、よりよい体育授業づくりに向けてどのように取り組んでいったらよいか、体育実技講習会の在り方について反映できることはないかを研究目的として実施する。器械運動に関しては、小学校教員の6割から7割近くの教員が不得意意識を持っている結果が見られた。特に鉄棒運動、跳び箱運動、マット運動の順番で苦手意識を持っているようである。講習会で研修したい内容としては、技能を身に付けさせるポイントについて、場の工夫の仕方について研修を深めたいと考えている。講習会の事後アンケートの感想でも技術習得のための支援に関するポイントが学べたなどの感想が見られた。教員の苦手意識を克服していくための内容を大切にし講習会を開催することが重要であると考えられる。
URI: http://hdl.handle.net/10087/12424
ISSN: 0912-3911
Appears in Collections:第36巻(2019)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
NO36_2019_13.pdf566.3 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback