DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
共愛学園前橋国際大学(Kyoai Gakuen University) >
共愛学園前橋国際大学論集 >
第19号(2019年) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10087/12615

Title: 「地域での学び」をふりかえる ―「フィールドワークの方法」の授業における「失敗体験」を事例に―
Other Titles: Reflecting on Community-Based Learning: Case Study of a "Failure Experience" during a "Fieldwork Methods"
Authors: 鈴木, 鉄忠
Keywords: 地域での学び
フィールドワーク
失敗体験
ふりかえり
共愛12の力
Issue Date: 31-Mar-2019
Publisher: 共愛学園前橋国際大学
Abstract: 本稿の目的は、2018年度に開講された授業「フィールドワークの方法」の事例を通して、「地域での学び」からどのような力を学生が身につけることができるのかを、本学の目指す学生像に結びつけて明らかにすることである。まず本授業の概要を説明したうえで、学外実習で生じた「失敗体験」に着目し、そこで起こった事態と一連の対応を記述する。次に、地域で直面した問題状況のリフレクションを学生に促すことによって、①常識と良識にねざした他者への配慮、②主体的に動く力、③チームで協働するためのコミュニケーション力、④不測の事態への対応力、⑤授業内容を理解する読解力の5つの力が必要だったことを明らかにする。上記の①から④は、本学の学修目標である「共愛12の力」と深く関連することを論じる。最後に、地域は、学生にとっても教員にとっても、あらゆる力が試されるフィールドであり、成功例のみならず失敗例を含めた「地域での学び」を自覚的にふりかえることが、次の学びにつながることを示す。
Description: 研究ノート
URI: http://hdl.handle.net/10087/12615
Appears in Collections:第19号(2019年)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
2019-suzuki.pdf1.74 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback