DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
東京福祉大学(Tokyo University of Social Welfare) >
東京福祉大学・大学院紀要 >
第9巻 >
東京福祉大学・大学院紀要9巻1-2合併号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10087/12625

Title: トルコ語を母語とする日本語学習者による子音連続への母音挿入と母音調和の影響
Other Titles: Vowel Epenthesis into Consonants Cluster and Effect of Vowel Harmony in Turkish Learners’ Japanese
Authors: 石山, 友之
Keywords: トルコ人日本語学習者
第二言語習得
借用語
母音挿入
母音調和
子音連続
Issue Date: 25-Mar-2019
Publisher: 東京福祉大学・大学院
Citation: 東京福祉大学・大学院紀要,9,pp87-94,2019.3
Abstract: 本研究の目的はトルコ語を母語とする日本語学習者による音節頭の子音連続に対する母音挿入規則の習得過程を明らかにすることである。そのために、学習歴によって4群に分けられた学習者を対象に、語頭に子音連続がある無意味語を日本語で表記させた。トルコ語では母音調和によって挿入母音が決定されるため、学習者の表記にも母音調和の影響があるのではないかと考えられたためである。分析の結果、表記における母音挿入規則は学習歴にしたがって習得が進む、学習歴が浅いうちはトルコ語の母音調和の影響が強いということが明らかになった。さらに、[t]への挿入母音を分析した結果、[ɯ]を挿入する基本規則の過剰一般化が見られることが明らかになった。
URI: http://hdl.handle.net/10087/12625
ISSN: 1883-7565
Appears in Collections:東京福祉大学・大学院紀要9巻1-2合併号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
Vol.9No.1-2_10_pp87-94 Ishiyama.pdf874.47 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback