DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
東京福祉大学(Tokyo University of Social Welfare) >
東京福祉大学・大学院紀要 >
第9巻 >
東京福祉大学・大学院紀要9巻1-2合併号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10087/12626

Title: ICT活用の授業その実態と課題―小学校におけるデジタル教科書の活用実態―
Other Titles: The State of ICT Usage in Classes and its Challenges:Present and Future Elementary School Classrooms Considering the New Government Guidelines for Education
Authors: 望月, 之美
Keywords: デジタル教科書
指導者の意識
学習者の意識
思考活動への課題
Issue Date: 25-Mar-2019
Publisher: 東京福祉大学・大学院
Citation: 東京福祉大学・大学院紀要,9,pp95-103,2019.3
Abstract: デジタル機器、電子黒板、デジタル教科書の導入は、楽しくわかりやすい授業を促進させる道具といわれている。PISAの調査での思考ツールが導入された影響もあり、指導用デジタル教材ばかりでなく、学習者用のデジタル教材も開発されつつある。子ども達が当たり前に使いこなす思考ツールとなることが期待されている。わかる授業の一層の推進に向けて、指導者用デジタル教科書を既に10年ほど使用してきた甲府市の小学校の実態調査などの結果、教員や児童の授業及び学習に対する意識等についてその効果が出現し、デジタル教科書の活用が児童の学習意欲の向上、思考力の育成、教員の教材作成時間の短縮等につながるという分析結果を得ることができた。
URI: http://hdl.handle.net/10087/12626
ISSN: 1883-7565
Appears in Collections:東京福祉大学・大学院紀要9巻1-2合併号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
Vol.9No.1-2_11_pp95-103 Mochizuki.pdf1.39 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback