DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
東京福祉大学(Tokyo University of Social Welfare) >
東京福祉大学・大学院紀要 >
第9巻 >
東京福祉大学・大学院紀要9巻1-2合併号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10087/12628

Title: 運動状況と身体状態の関係-短期間の運動による体組成の変化-
Other Titles: Association between Athletic Activity and Body Composition: Is Short Term Athletic Activity Effective for Body Composition?
Authors: 眞下, 航
小島, 琴未
小板橋 , 美晴
湯本, 遥希
Keywords: 運動量
体組成
男女差
短期間運動の効果
Issue Date: 25-Mar-2019
Publisher: 東京福祉大学・大学院
Citation: 東京福祉大学・大学院紀要、9,pp113-120,2019.3
Abstract: 大学生18名(男子11名、女子7名)を対象に体格・体組成を比較し、男子の方が女子より体格が大きく、逆に体脂肪が少ないという従来の報告を再確認した。運動と立位のアルバイトから換算した運動量でみると、男子ではBMI が軽度の正相関、女子では体重、BMI、体脂肪量、内臓脂肪量で逆相関が、基礎代謝で正相関がみられた。週1回、13週にわたる有酸素運動の実施により、体重やBMI、体脂肪率、内臓脂肪レベルが減少傾向にあった。一方、筋肉量については顕著な変化がなく、筋肉量と比例する基礎代謝にもほとんど変化がなかった。これらの結果は、運動や立位でのアルバイトなど身体を動かすことは体組成の改善につながり、運動頻度が週1回でも有効であることを示唆している。
URI: http://hdl.handle.net/10087/12628
ISSN: 1883-7565
Appears in Collections:東京福祉大学・大学院紀要9巻1-2合併号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
Vol.9No.1-2_13_pp113-120 Mashita hoka.pdf1.45 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback