DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
群馬大学(Gunma University) >
10 教育学部 >
1021 附属学校教育臨床総合センター >
102101 教育実践研究 >
第37号(2020) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10087/12985

Title: 理数探究における問題解決過程に関する一考察
Other Titles: A Study of the Problem-Solving Process in Inquiry-Based Study of Science and Mathematics
Authors: 篠塚, 拓也
SHINODUKA, Takuya
Keywords: 理数探求
問題解決
見方・考え方
Inquiry-Based Study of Science and Mathematics
Problem-Solving
Viewpoint and Way of thinking
Issue Date: 10-Mar-2020
Publisher: 群馬大学 教育学部附属学校教育臨床総合センター
Citation: 群馬大学教育実践研究.37,61-70(2020)
Abstract: 2022(令和4)年度より高等学校の新学習指導要領において新設された「理数探究」が実施される.これまでにも,「理数探究」とは別に,探究的な科目が設置されてきたが,いずれも大学入試選抜における評価がほとんど行われてこなかったことや,指導のノウハウが教員間に共有されてこなかったために開設率が極めて低かった.このまま「理数探究」が実施されても,これまでの探究的科目と同様の道を進んでしまうことが予想される.本稿では,「理数探究」の指導のノウハウを確立するために,その問題解決に着目し,理数探究の問題解決過程を構築し,各過程の特徴を示した.また,タイプの異なる2つの具体例を用いて,実際に問題解決がどのよ うに進行していくのかを確認した.
URI: http://hdl.handle.net/10087/12985
ISSN: 0912-3911
Appears in Collections:第37号(2020)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
NO37_2020_07.pdf4.27 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback