DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
群馬大学(Gunma University) >
10 教育学部 >
0002 群馬大学教育学部紀要 人文・社会科学編 >
第69巻(2020) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10087/13087

Title: The Innateness of Human Language: Viewing from Grammatical Errors of Second Language Learners
Authors: YAMADA, Toshiyuki
Keywords: logical problem of (first/second) language acquisition
innateness of human language
Japanese-speaking learners of English
error analysis
(第一・第二)言語獲得の論理的問題
人間言語の生得性
日本人英語学習者
誤り分析
Issue Date: 3-Jan-2020
Publisher: 群馬大学教育学部
Citation: 群馬大学教育学部紀要. 人文・社会科学編. 2020, 69, p.129-137
Abstract: We explore a new approach to the long-standing issue in linguistics: of whether knowledge of language is innate or not. To this empirical issue, a variety of approaches have been proposed, but the purpose of the present study is not to deny those approaches bur rather to examine a new one for further verification of the innateness hypothesis. Our new approach is based on the methodology adopted in first language acquisition. Concretely, if a second language learner produces a string of words which is neither accepted grammatically in the target language nor attributed to their first language transfer but can be analyzed as a corresponding grammatically accepted structure in another language, then it follows that he/she can access to knowledge of the language to which he/she is never exposed and thus that knowledge of all particular languages is innately available. As a preliminary study, we analyze the relevant errors of Japanese-speaking learners of English and consider future issues for our new approach. 言語知識が生得的であるか否かは言語学における長年の課題であるが、本研究はその課題に対して新たなアプローチを探る。言語知識の生得性という経験的課題に対して、これまでさまざまなアプローチが提案されてきたが、本研究の目的はそれらのアプローチを否定することではなく、新たなアプローチを検討し、言語生得説に対するさらなる検証に貢献することである。新たなアプローチは第一言語獲得で採用されている方法論に基づいている。具体的には、第二言語学習者が、目標言語で文法的に容認されず、学習者の母語による干渉にも帰因しないが、他の言語では文法的に容認される構造であると分析できるような文を産出したとしたら、当該学習者は一度も経験したことのない言語に関する知識にアクセスしたことになり、すべての個別言語に関する知識は生得的に利用可能ということになる。 予備的な研究として、日本人英語学習者が産出するこのような誤りを分析し、新たなアプローチに対する今後の課題を検討する。
URI: http://hdl.handle.net/10087/13087
ISSN: 0386-4294
Appears in Collections:第69巻(2020)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
10 GKJIN-YAMADA.pdf768.1 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback