DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
共愛学園前橋国際大学(Kyoai Gakuen University) >
共愛学園前橋国際大学論集 >
第20号(2020年) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10087/13159

Title: 群馬県内企業への留学生インターンシップの意義
Other Titles: The Significance of an Internship Program for Foreign Exchange Students at Local Companies in Gunma Prefecture, Japan
Authors: 大谷, 翔
西舘, 崇
Keywords: 留学生
双発型インターンシップ
制度設計
地域企業
グローカル人材
Issue Date: 31-Mar-2020
Publisher: 共愛学園前橋国際大学
Abstract: 本稿は、2019年に本学が行った2件の留学生インターンシップ事業の意義を検討するものである。2件の事業はいずれも群馬県内の企業にて行ったが、その特徴はインターン生と受入企業側が互いに学び合うことを意図した「双発型インターンシップ」にある。母国と日本、両国の文化と言語に慣れた留学生は、労働力不足を補うための単なる「労働力予備軍」ではない。留学生が自身の可能性を発揮することのできる就業条件を考えていくためには、受入企業が「教え」、留学生が「学ぶ」タイプのインターンではなく、双方が主体的に「教える」存在となり、また「学ぶ」存在となる双発型での就業体験が求められるのではないか。本稿は、この型のインターンシップに参加した学生と企業、大学の三者から見た意義を検討し、今後のさらなる留学生インターンシップに向けた課題と展望を述べる。
Description: 研究ノート
URI: http://hdl.handle.net/10087/13159
Appears in Collections:第20号(2020年)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
2020-otani.pdf932.55 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback