DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
共愛学園前橋国際大学(Kyoai Gakuen University) >
共愛学園前橋国際大学論集 >
第20号(2020年) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10087/13160

Title: 日本語指導の『個別の指導計画』作成において教員はどのような課題を感じているか
Other Titles: Difficulties Teachers Feel in Making and Utilizing “Individual Teaching Plans for Japanese Language Education” for Foreign Students in Japanese Schools
Authors: 古川, 敦子
小池, 亜子
Keywords: 外国人児童生徒教育
特別の教育課程
個別の指導計画
日本語指導
Issue Date: 31-Mar-2020
Publisher: 共愛学園前橋国際大学
Abstract: 公立の小中学校において外国人児童生徒等に日本語指導の「特別の教育課程」を実施する際は、指導目的の設定から評価までを記載した「個別の指導計画」の作成が求められる。しかし実際の教育現場では、その作成や使い方等に課題があり、十分に活用しきれていないという声も聞かれる。本稿では、伊勢崎市の小中学校で日本語指導に携わる教員を対象に「個別の指導計画」作成についての質問紙調査、およびインタビュー調査を行い、課題を抽出した。その結果、校内の指導者間の情報共有と連携がまだ不十分であること、指導計画の具体的な書き方例の提示が必要なことが示された。
Description: 研究ノート
URI: http://hdl.handle.net/10087/13160
Appears in Collections:第20号(2020年)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
2020-furukawa.pdf1.22 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback