DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
東京福祉大学(Tokyo University of Social Welfare) >
東京福祉大学・大学院紀要 >
第10巻 >
東京福祉大学・大学院紀要10巻1-2合併号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10087/13230

Title: 真偽疑問文に対する否定応答表現――形式面に着目して――
Other Titles: Negative response expressions for close-ended questions: Focused on forms
Authors: 野口, 芙美
Keywords: 否定応答表現
真偽疑問文
応答詞
会話の焦点シフト
自然会話分析
Issue Date: 25-Mar-2020
Publisher: 東京福祉大学・大学院
Citation: 東京福祉大学・大学院紀要,10(1-2),pp15-25,2020.3
Abstract: 否定応答に関する研究は否定応答詞の研究が中心だが、応答詞の実際の使用例と日本語教科書の提示に隔たりがあり、実際の会話では応答詞を用いない表現形式のほうが多いと報告されている。しかし、応答詞を使用しない否定応答表現にはどのような形式があり、実際の会話でどのような形式が多く用いられているのかは明らかにされていない。そこで、本研究では、否定応答詞を用いない否定応答も含めすべての否定応答を「否定応答表現」とし、実際の会話資料を用いて真偽疑問文に対する否定応答表現の使用実態をみた。その結果、日本語教科書でよく提示される否定応答詞、文法的否定形式などの明確に否定の意味を持つ形式より、文脈によって否定の意味となるがそれ自体では否定の意味を持たない形式が多用されていた。さらに、複数の否定形式の使用、肯定応答との併用例も見られるなど、日本人が否定応答でさまざまなストラテジーを用いていることがわかった。
URI: http://hdl.handle.net/10087/13230
ISSN: 1883-7565
Appears in Collections:東京福祉大学・大学院紀要10巻1-2合併号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
03__vol.10,p15-25.Noguchi.pdf1.07 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback