DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
東京福祉大学(Tokyo University of Social Welfare) >
東京福祉大学・大学院紀要 >
第10巻 >
東京福祉大学・大学院紀要10巻1-2合併号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10087/13231

Title: 乳幼児を持つ母親の認知的特徴とディストレスの関係―パーソナル・ネットワークの相対的評価からの検討―
Other Titles: Relationship between cognitive characteristics and distress in mothers with infants:―Examination from relative evaluation of personal network―
Authors: 石, 暁玲
Keywords: 母親のディストレス
文化的自己観
関係性の相対的評価
Issue Date: 25-Mar-2020
Publisher: 東京福祉大学・大学院
Citation: 東京福祉大学・大学院紀要,10(1-2),pp27-34,2020.3
Abstract: 本研究の目的は, 従来研究されてきた認知されたサポートおよび文化的自己観に、母親のパーソナル・ネットワークの関係性の相対的評価(関係性高揚で測定)を加え、母親のディストレス(育児不安と精神的健康度で測定)を予測し検討することであった。2~6歳児を持つ母親272名を対象とした質問紙調査の重回帰分析の結果から、ディストレスに寄与する要因として、文化的自己観(相互協調性・相互独立性)、親族からのサポートのほかに、新たに夫への消極性高揚が見出された。また相関分析から、関係性高揚の一部において、相互協調性および相互独立性との間に関連があることも確認された。母親の認知的特徴のうち、「自分の夫はほかと比べると悪くない」という評価がディストレスにつながることを踏まえ、そのプロセスを解明し支援につながることが今後の課題となる。
URI: http://hdl.handle.net/10087/13231
ISSN: 1883-7565
Appears in Collections:東京福祉大学・大学院紀要10巻1-2合併号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
04__vol.10,p27-34,Seki.pdf877.46 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback