DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
東京福祉大学(Tokyo University of Social Welfare) >
東京福祉大学・大学院紀要 >
第10巻 >
東京福祉大学・大学院紀要10巻1-2合併号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10087/13233

Title: 生活不規則が心身の健康状態に及ぼす影響の評価
Other Titles: Correlation between Total Health Index and Irregularity of Life in University Students
Authors: 栗原, 久
面川, 幸子
山下, 喜代美
Keywords: 大学生
健康チェック表 THI
症状パーセンタイル値
生活習慣―健康相関性
男女差
Issue Date: 25-Mar-2020
Publisher: 東京福祉大学・大学院
Citation: 東京福祉大学・大学院紀要,10(1-2),pp49-57,2020.3
Abstract: 本研究の目的は、A大学の学生を対象に、生活不規則と心身の健康状態との相関性を検討することにある。対象者は大学生369人(男子136人、女子233人)で、2016年春学期開始の1回目授業(4月)と15回目授業(9月)に調査が行われた。質問紙「健康チェック票 THI」は心身・行動面の自覚症状に関連する130問の質問で構成され、質問に対する「はい」、「どちらでもない」、「いいえ」の回答に対してそれぞれ3、2、1点を与え、症状尺度得点をTHI解析ソフト(THIプラス_ver3)にて、大規模コホート調査研究『こも伊勢調査:1933年』における成人男女それぞれ約6千人から得られた得点分布と比較し、12の健康尺度項目と4つの傾向値(判別値)のパーセンタイル値を得た。そして、生活不規則のパーセンタイル値と心身の症状パーセンタイル値との相関性を検討した。対象学生の特徴として、生活不規則で、情緒不安定、抑うつが強く、虚構(自己アピール)が低く、成人男女と比較して全般的に健康状態が良好とはいえなかった。生活不規則のパーセンタイル値と多くの症状におけるパーセンタイル値の間に正相関性があり、攻撃と虚構は逆相関性があった。同様な相関性は、4月と9月の調査におけるパーセンタイル値の変化でも認められた。一方、統合失調症傾向、通学時間とアルバイト時間との相関性は低かった。このような傾向について男女差はなかった。これらの結果は、生活不規則が心身両面の健康状態に対して何らかの影響を及ぼしていることを示唆している。
URI: http://hdl.handle.net/10087/13233
ISSN: 1883-7565
Appears in Collections:東京福祉大学・大学院紀要10巻1-2合併号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
06_vol.10,p49-57,Kuribara.pdf983.12 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback