DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
共愛学園前橋国際大学(Kyoai Gakuen University) >
共愛学園前橋国際大学論集 >
第21号(2021年) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10087/13624

Title: 雇用形態別にみるALTの実態 ―ALTの属性および学校との関わり方の分析―
Other Titles: Analysis of Assistant Language Teachers by Employment Status: Japan Exchange and Teaching Program, Private Companies, and Direct BoE Employment
Authors: 園田, 敦子
Keywords: ALT(外国語指導助手)
雇用形態
JETプログラム
直接任用
中学校
Issue Date: 31-Mar-2021
Publisher: 共愛学園前橋国際大学
Abstract: 令和元年において学校現場で外国語教育に携わるALTは約2万人にのぼる。人数の増加に伴い、滞在歴からALTとしての動機、また雇用条件に至るまで、ALTの属性および労働形態も多様化している。本論文では、(1) JETプログラム参加者として学校現場に赴任するALT、(2) 労働者派遣または請負の形で民間企業から派遣される民間ALT、(3) 地方自治体の直接任用によって働くALTという3つの労働形態別にALTの属性および学校内での働き方を714名の中学ALTのアンケート結果をもとに分析する。
URI: http://hdl.handle.net/10087/13624
Appears in Collections:第21号(2021年)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
2021-sonoda.pdf957.07 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback